冷蔵庫 引越し 料金

 


突然ですが、「引越しと同時に冷蔵庫を買い換える場合、得する方法ってあるの?注意点はどんなこと?」と困っていませんか?

  • 古い冷蔵庫の処分はどうすればいい?
  • 新しい冷蔵庫は今の家と新居のどちらに配達してもらえばお得?
  • 新居ですぐに冷蔵庫を使いたい場合はどうしたらいい?
    これらの悩みを元引越し業者が、全て解決します!

 

 

古い冷蔵庫の処分はどうすればいい?

 

冷蔵庫は家電リサイクル法対象の電化製品ですので正しく処分しなければなりません。処分方法は以下の通りです。

  • 家電リサイクル券を購入し自分で指定引取り場所に持ち込む
  • 新しい冷蔵庫を買う際に電気量販店に費用を支払って冷蔵庫を処分してもらう
  • 引越し業者に費用を支払って冷蔵庫を処分してもらう

 

一番お得なのは自分で冷蔵庫を処分する方法

 

冷蔵庫を自分で処分するは少々大変なのですが、その分だけ費用面で多少お得になります。まずはその手順を見てみましょう。

 

手順

  1. 郵便局から家電製品協会にリサイクル料を振込み、廃棄券を受け取る
  2. 指定引取り場所を確認し、自分で運搬して持ち込む(予約不要)
  3. 家電製品に廃棄券を貼り付け、指定引取り場所で受け渡す

 

冷蔵庫が小型の場合は車に積むことができれば自分で運ぶことが可能です。大型の冷蔵庫でも知り合いにトラックを借りたり、運び出しの手伝いをしてもらえれば運び出すことができます。

 

では、冷蔵庫のリサイクル料を見てみましょう。

 

POINT

*冷蔵庫(小)170リットル以下:3,672円(税抜3,400円)

*冷蔵庫(大)171リットル以上:4,644円(税抜4,300円)

 

自分で冷蔵庫を処分する場合にかかる費用は上記のリサイクル料と郵便局の手数料130円だけです。まずはこの点をしっかり理解しておきましょう。

 

また、家電リサイクル法で定められている冷蔵庫のリサイクル料はメーカーによって異なります。(上記のリサイクル料は一般的なメーカーのリサイクル料です)

 

処分する前に下記サイトで自分が使っている冷蔵庫のメーカーのリサイクル料を確認しておきましょう。

 

家電リサイクル券センター メーカー別リサイクル料金一覧

 

指定引取り場所は各都道府県にありますので、以下のサイトで事前に確認しておきましょう。

 

一般財団法人 家電製品協会 家電リサイクル券センター

 

 

 


 

家電量販店などに費用を支払って処分を依頼する

 

大型の冷蔵庫を運び出すのはなかなか難しいものです。特に2階リビングやマンションから運び出すのは至難の業!とても素人ではできませんよね。下手に運び出して怪我をしても困ります。

 

この場合は家電リサイクル法の対象製品の廃棄を請け負う業者に処分を依頼するのが一番です。自分で処分するよりも多少費用がかかりますが、安全で楽な方法です。

 

では、どこで冷蔵庫の処分を依頼すれば良いのでしょうか?その答えは簡単!新しい冷蔵庫を購入する際に家電量販店に古い冷蔵庫の処分を依頼するのが一番簡単な方法です。大抵の家電量販店ではリサイクル対象家電の処分を受け付けています。

 

手順

  1. 冷蔵庫を購入する際に家電量販店の窓口で古い冷蔵庫の処分を依頼
  2. 電気量販店に家電リサイクル料と収集運搬料を支払う
  3. 指定の日に業者に冷蔵庫を引き渡す

 

この方法なら自分の労力が必要ありませんが、その代わりに収集運搬料がかかります。

 

ここで覚えておきたい重要なポイントが「多くの電気量販店では新しい冷蔵庫を購入した場合に収集運搬料を安くしてくれる!」という点です。

 

注意

 

例:ジョーシン電気で冷蔵庫の処分を依頼した場合

  • 冷蔵庫を購入:収集運搬料1080円/台(税込)
  • 冷蔵庫を購入せずに引取りだけ依頼:収集運搬料3240円/台(税込)

 

これは大きな差ですね!実際にどのくらい費用に差があるか計算してみましょう。

 

POINT

    • 冷蔵庫を購入:収集運搬料1,080円+リサイクル料4,644円=5,724円(税込)
    • 引取りだけ依頼:収集運搬料3,240円+リサイクル料4,644円=7,884(税込)

→7,884円-5,724円=2,160円

 

 

冷蔵庫を買うか買わないかでその差は2,160円!冷蔵庫購入の有無で収集運搬料が変わる電気量販店で冷蔵庫を買うなら、古い冷蔵庫の処分も電気量販店に依頼したほうが良いことになります。

 

 

 


 

引越し業者に費用を支払って処分を依頼する

 

 

もう1つの処分方法が引っ越し業者に冷蔵庫を引き取ってもらう方法です。引っ越しと同時に古い冷蔵庫を処分できますし、運び出してもらえるのでとても楽な方法です。

 

家電リサイクル製品を処分する資格を有する引越し業者であれば、引越しの際に古い電気製品の引取りと処分を請け負ってくれます。見積りを取る際に確認してみましょう。

 

 

 



この場合、引っ越し業者に依頼する場合に支払う費用は「家電リサイクル料+収集運搬料」となります。

 

家電リサイクル料は電気製品によって決められているので差がありませんが、収集運搬料は引っ越し業者が決めていますので、依頼する先によって費用が異なる点に注意が必要です。

 

また、収集運搬料はリサイクルする家電の指定引取り場所までの距離などによっても変わりますので、引っ越しの見積もりを取る際によく確認しておくと良いでしょう。

 

POINT

収集運搬料は指定引取り先までの距離が近ければ1000円前後、遠い場合は2000円~それ以上かかります。

 

家電量販店で新しい冷蔵庫を購入すれば収集運搬料が安くなる場合は、引っ越し業者に処分を依頼するよりも費用を抑えることができる可能性があります。電気量販店や引越し業者に費用を聞いて比較しておくと良いでしょう。

 

新しい冷蔵庫は今の家と新居のどちらに配達してもらえばお得?

 

今の家と新居のどちらに冷蔵庫を運んでもらうかを決め、家電量販店が新しい冷蔵庫を配達に来た際に古い冷蔵庫を引き渡すのが一番お得です

 

新冷蔵庫の配送と旧冷蔵庫の引取りを同便にする

 

家電量販店で冷蔵庫を購入し、古い冷蔵庫の引取りを依頼する場合は配送と引取りを同便にするのが一番お得です。新しい冷蔵庫を運んで来たトラックで古い冷蔵庫を持ち帰るので余分な費用がかからないわけですね。

 

しかし、この方法を選択するには古い冷蔵庫と新しい冷蔵庫の引取り場所と配達先を同じにする必要があるので、下記いずれかの対応が必要です。

  • 新しい冷蔵庫を今住んでいる家に配送して設置してもらう
  • 古い冷蔵庫を引越しで新居に運び込んでおく

 

「新しい冷蔵庫を今の家に入れるのはちょっと・・・」「えー、古い冷蔵庫を引越しで運ぶの?」人によってはこられの方法に抵抗を感じることもあると思います。

 

冷蔵庫はとても重いので何度も出し入れするのが大変そうですし、家に傷が付いたりしないか不安になりますよね。

 

同便で冷蔵庫の配送と引取りを依頼するための対応が厳しいと感じる方は、別料金を支払って納得のいく方法を取ることも可能です。

 

新しい冷蔵庫は新居に配送、古い冷蔵庫は今の家で引取り。この対応を引き受ける家電量販店もあるので、別料金で依頼すれば問題は解決できます。家電量販店によっては対応しないところもあるので、冷蔵庫を購入する際に聞いてみましょう。

 


 

別便で引取りを依頼する際の費用は電気量販店によってかなり差がありますが、2000円~3000円が一般的のようです。冷蔵庫購入予定の電気量販店に確認してみましょう。

 


 

古い冷蔵庫を処分しておけば引越しが安いんじゃない?

 

「引越し前日までに古い冷蔵庫を処分しておけば、引越しの時に冷蔵庫がないからその分だけ引越し費用がお得になるんじゃないの?」と思う方もいると思います。この点はどうなのでしょうか?

 

実は冷蔵庫がなくても引越し料金は思っているほど安くなるものではありません。安くなっても1000円前後という事が多いようですので、値引き交渉の際に引越し業者に相談してみましょう。

 

冷蔵庫なしの見積と冷蔵庫ありの見積もりを取って比較し、ほとんど引越し料金が変わらない場合は無理に急いで古い冷蔵庫を処分する必要もないのです。

 

冷蔵庫の有無で引っ越し費用が変わらない場合は、一旦古い冷蔵庫を新居に運んでもらい新冷蔵庫配送の際に家電量販店に引き取ってもらったほうがお得になる可能性があります。下記の例を参考にしてみましょう。

 

冷蔵庫の処分だけを家電量販店に依頼=収集運搬料3,240円

冷蔵庫がない分だけ引越し費用を値引き=値引き分1,080円
→3,240-1,080=2,160円(冷蔵庫の処分にかかった収集運搬料)

 

冷蔵庫の購入時に処分を家電量販店に依頼=収集運搬料1,080円
冷蔵庫があるので引越し費用値引きなし=値引き分0円
→1,080-0=1,080円(冷蔵庫の処分にかかった収集運搬料)

 


 

冷蔵庫は毎日の生活に欠かせない家電です。それだけにどのタイミングで設置すれば快適に使えるか?いつまで古い冷蔵庫を使うのか?をよく考え、必要であれば費用を支払って処分を依頼するようにすれば自分としても納得ができますよ。

新居ですぐに冷蔵庫を使いたい場合はどうしたらいい?

 

冷蔵庫はコンセントを入れてから冷えるまで4~6時間かかります。引越ししてすぐに冷蔵庫を使いたい場合は引越し日より前に新居に冷蔵庫を配送してもらい、通電しておく必要があります。

 

冷蔵庫は電気を入れてすぐに使えるわけではない!

 

冷蔵庫に電気コンセントを差せばすぐに使えると思っている方が意外に多いのですが、冷蔵庫は庫内が冷えるまでに4~6時間かかります。買い替えと引越しを同時にするならここをしっかり覚えておきましょう。

 

「今の家から新居に到着したらすぐに冷蔵庫にジュースやビールを入れておきたい」この気持ち、分かりますよね!引越しが終わったあとのビールやジュースは最高です。

 

しかし、そのためには冷蔵庫を引越しよりも前に運び込んで通電しておく必要があります。ここでのポイントを確認しておきましょう。

 

POINT

  • 冷蔵庫を引越し日より前に新居に配送して設置しておく
  • 引越し前日またはその数日前に新居に行って冷蔵庫の電源コンセントを入れる
  • 引越し当日に冷蔵庫が冷えているのを確認!

 

冷蔵庫を引越し日より前に購入して設置するのですから、古い冷蔵庫の引取りは新しい冷蔵庫の配送とは別便で費用を支払って処分を依頼することになります。この点も納得してから処分を依頼するようにしましょう。

 


 

引越し日当日に冷蔵庫を配達してもらう場合は要注意

 

どうしても引越し前に新居に行けないことってありますよね。仕事が休めなかったり、新居が遠かったり。この場合は引越し前に冷蔵庫を配送してもらい受け取るのが不可能となります。

 

すると大抵の方は引越し当日に冷蔵庫の配送を依頼し、同時に処分も依頼します。処分費用の面ではお得な方法なのですが、食品の管理面では注意しなければならない点がいくつが出てきます。

 

注意

  • 冷蔵庫は細かい時間指定が難しい→期待通りに届かない可能性大
  • 冷蔵庫を設置してから4~6時間は使えない→クーラーボックスを用意

 

家電量販店では電気製品の配送を下請け会社に委託していることがほとんどです。配送の委託を受けている会社はいくつもの電気製品を配送し、必要に応じて設置工事もしなければなりません。

 

ですから、配送の時間指定が思った通りにできなかったり、指定出来たとしても午前や午後などの大幅な時間指定になる可能性があります。

 

それだけでなく、道路が混んだり設置工事に時間がかかれば配送が大幅に送れる可能性があります。この点をよく理解しておき、冷蔵庫が予定通りに来なかった場合のリスクに対応できるようにしておきましょう。

 

当日配達の場合は古い冷蔵庫の中身を出して大きめのクーラーボックスに移しておくのが賢明です。保冷剤を多めに入れておけば半日程度は食品を冷蔵することができます。

 


 

引越しと同時に冷蔵庫を買う場合はタイミングと費用をダブルで考える!

 

引越しを機に新しい冷蔵庫を買うなら古い冷蔵庫を同時に処分したいと思いますよね。しかし冷蔵庫ほどの大きな家電製品の処分は意外に大変!思った通りにいかないことが多々あります。

 

そこでよく考えたいのが「タイミング」と「費用」です。

 

古い冷蔵庫を引越し前日までに処分するのか?引越し当日に引き取ってもらうのか?引越し先まで一旦持っていくのか?

 

新しい冷蔵庫を今の家に配達してもらい引越しの荷物に入れるのか?新居に事前に配達してもらうのか?引越し当日に配達してもらうのか?

 

古い冷蔵庫と新しい冷蔵庫の処分や配送のタイミングには色々な組み合わせがあり、それによって費用も異なってきます。

 

冷蔵庫の処分&配送のタイミングを重視するか?処分費用を重視するか?によっても設置のタイミングが左右されます。

 

どの組み合わせが自分の引越しのスタイルに一番ベストなのかを考えてみましょう。きっと簡単に答えが見つかるはずです。